📖 新着 腰痛治療・改善

整体コンプリートガイド・90.gif     

整体コンプリートガイド
腰痛、首痛、背部痛などの再発を繰り返す原因追究&改善マニュアル

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD
1日3分ラクラク腰痛改善方法



腰痛治療・改善・腰痛発症と生活習慣の関係

上田式 腰痛革命プログラム
慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状対応


腰痛の根本解決の鍵は生活習慣の中にあり!

今日は、腰痛発症と生活習慣の関係についてお話しいたします。

次の様な事で不思議に思われた事はありませんか?
「何故、同じ様に●●さんも朝から夜遅くまでパソコン業務に携わっていて、
特に運動に対しても特別な取り組みもしていないのに、腰が痛くならないんだろう・・・」

その人に直接聞いても、特に特別なノウハウがある訳でもありません。
しかし、明らかに●●さんと私では腰の痛みや筋肉の疲労に対しての耐用度が全く違うのです。
実は私も昔、同じ事を思っていました。

結論から言いますと、これは生活習慣に答えがあるケースが多いです。
そしてキーワードは、骨盤の歪み・姿勢・体の使い方になります。
その中でも、今回は体の使い方についてお話ししますね。

日常生活において、体の使い方や動かす動作は何千・何万とパターンがあるので、
それら全てを紹介する訳にはいきませんが
ある程度発症の原因となる可能性の高いのは分かっています。

パソコン時の姿勢については、先日お伝えしましたので
それ以外で、3つご紹介したいと思います。

洗面台で顔を洗う時
朝起きた時は、まだ全身の筋肉が硬く
ギックリ腰を起こす事が多い、魔の時間帯です。

・特に男性にとって、洗面台は低すぎて高さが合わないので 足を左右に大きく広げて、腰の位置を下げる
・その状態で腰だけでなく上半身全体を前かがみにして腰は曲げない

この2点を意識するだけで、
絶対に避けたいぎっくり腰を回避出来ますので、そのままマネてくださいね。

包丁やフライパン等、料理をする時
包丁やフライパンも、腰が痛い方にとっては苦痛の時間です。
ただ、どうしてもやらないといけない時もありますので
その際は、以下をポイントに行ってください。

・通常は、足を左右に広げるのを基本姿勢とするのを、右足を後ろに引いて、斜に構えてください。
(右手に包丁を持つ場合)
※左手で包丁を持つ場合は、左足を引く

これだけで、肩の可動範囲を広げる事が出来、
腰への負担も減らす事が可能です。

子供を抱っこする時
通常子供を抱える時や抱っこをする時は、
荷物の時と同様に腕だけで持ち上げようとする事です。
ですので、抱え上げる時は先日動画でお伝えした【荷物を抱える時】の説明を参考に進めてください。

そして、抱っこをしている時の、手の平の向きがポイント。
手の平を、片手だけどちらかを自分の側ではなく反対側に向けてみてください。

これだけで腰だけでなく、
よく腱鞘炎を起こしがちな手首への負担も激減しますのでやってみてくださいね。

これら3つに気を付けるだけでも、
かなり再発したり、症状の悪化を防ぐ事になりますので、
是非、該当する動作をする時は、実践ください。
(川上剛二さんのメールより)


上田式 腰痛革命プログラム 詳細

腰痛治療・改善・慢性的な腰痛を抱えている人が悪化するのを防ぐ為の対処法

上田式 腰痛革命プログラム
慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状対応


腰の痛みを防ぐために大切な姿勢 荷物を持ち上げる時編

これまで、3種類の動画をご紹介してきましたが、
効果のほどはいかがでしょうか?

まだまだ、根本完治には至らないかもしれませんが
一日のほんの少しの隙間時間だけでもする事で
必ず改善は実感出来ると思いますので、信じて実践してみてくださいね。

さて今日は、慢性的な腰痛を抱えている人が
更に悪化するのを防ぐ為の対処法です。

私や周りの人で、腰痛に悩む方は沢山いるのですが、
慢性的な日々の痛みとは別に、
日常動作がきっかけで急激に痛める瞬間があります。

いくつかパターンがあるのですが、やはり一番多いのが、
荷物を持ち上げたり、床の上にある物を取ろうとして、腰だけを曲げた時です。

ですので、この動作をする際に腰を痛めないポイントというのがありますので、
是非、把握してください。

映像は、以下よりyou tube で見ることが可能です。
「腰の痛みを防ぐために大切な姿勢 荷物を持ち上げる時編」

【内容は簡単ステップ!】
★しっかりと膝を曲げて、体全体でかがむ
★重い荷物の場合は、しっかりと体に近づけてから持ち上げる

これ以外にも、朝の洗面台での腰のかがめ方や靴を履く時の注意点なども、
また日を改めてお伝えしますね。
(川上剛二さんのメールより)


上田式 腰痛革命プログラム 詳細

腰痛治療・改善・急に痛みが出た時に対処すると有効なアイシング術

上田式 腰痛革命プログラム
慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状対応


腰の痛みがどうしても我慢できない時のアイシング術

今日は、3本目の腰痛を改善する為の動画を公開しますね。

内容は、急に痛みが出た時に対処すると有効なアイシング術になります。

これまでご紹介したトレーニングは、根本的な改善を目指していく内容の為、
どうしても実践と効果にタイムラグが出てしまいます。

そうは言っても、毎日の日常生活で腰をどうしても動かす必要があると言うのも、実情です。

そこで、日常生活をしている中でどうしても痛くなった際にすぐに効果がある方法に対して、
多くの方から「やり方を教えて欲しい!」
と言う声を頂きましたので、収録いたしました。

もちろん、行った直後に効果がある様な麻酔とは違いますので
100%完璧と言う事でもありませんが、
やるとやらないとで症状はかなり違うと思いますよ

ギックリ腰の時も有効ですので、是非ご覧ください。

映像は、以下よりyou tubeで見る事が可能です。
「腰の痛みがどうしても我慢できない時のアイシング術」
(動画は、私自身もご指導いただいた専門家に解説頂いています)

【内容は簡単4ステップ!】
★まずは、楽な姿勢を見つける
★氷をビニール袋に入れる、タオルで包む等して準備する
★患部に20分あてて、冷やす
★患部が体温が元に戻るまで、待つ

とっても簡単な方法ですが、これを3回行ってみてください

あくまで、応急処置的な方法ですが、
腰の症状を悪化させる事はありませんので、
どうしても我慢出来ない時はチョットばかり、やってくださいね。
(川上剛二さんのメールより)


上田式 腰痛革命プログラム 詳細